法律の一般的意義

法律の一般的意義とは社会の秩序を守るということです。そのためこの規範を守ることは国民の義務であり、もし違反したときには罰則を受けることになり、裁判ではこの規範に則って裁かれることになります。
普段の生活ではあまり意識をしませんが、この社会的規範が無ければ皆が私利私欲に走り社会は機能しなくなってしまいます。そのため非常に重要なルールですが、このルールは憲法に従って作られていますので効力は憲法より低いということになります。
この規範は日本独自のものが制定されていますが、世界各国でもそれぞれの国にあった規範が定められています。その国の文化、歴史、考え方で違いはありますが、社会秩序の維持という一般的な意義は同じです。
これらのルールは時代とともに変えていく必要も有ります。過去には無かったインターネットによる犯罪や新手の詐欺行為などに対応するルール作りが求められます。しかし常に悪質な行為の方が先を行くことになりますので、ルール作りが追いついていないのが現状です。
このように社会の秩序を守るために必要な規範ですが、あまり親や学校でこの規範について教わるということありません。即ち極々一般常識に照らし合わせて作られていますので、規範に縛られているなどの窮屈感は感じません。そもそも国民生活で不都合が感じられてしまいましたら、この規範の持つ一般的な意義に反してしまうことになります。

Comments are closed.